コーヒー豆のこと

コーヒー豆ってなんだ?

コーヒーに携わっているものからすると当たり前のことなのだけれど
お客様にコーヒーの生豆(なままめ)をみせるとみんな驚くのです。

じつはコーヒーの木には真っ赤な実(黄色いのも少量あります)がなるのです。
生豆はそのコーヒーの実、コーヒーチェリーの種なのです。

そして色は緑がかった色をしているためにグリーンビーンズと呼ばれています。
もちろんそのままでは飲むことができないので焙煎するのです。

どこで収穫されるの?

コーヒー熱帯植物なので主に赤道付近のコーヒーベルトをよばれる北緯25度南緯25度の地域で栽培されます。

そしてその中でも良い豆といわれるものは標高700〜2000mの高地や山の斜面、年間降水量が1500〜2000?、平均気温が18〜25℃の条件を満たしているところといわれています。

人気の産地

• ブラジル
世界一のコーヒー産地、全体的に酸味の少ないものも多いせいか人気が高い。
 チョコレートのようなビターな味わいのものが多い。
• コロンビア
世界三位のコーヒー生産国。香り高くマイルドな味わい。上品な口当たりはファンも多い。
• グァテマラ
通にもファンが多い高品質コーヒーの産地。火山がもたらした豊かな土壌で栽培される
コーヒーは芳醇で酸味も柔らか。
• インドネシア
マンデリンの産地。土臭い野性的でパンチのある味わいはアイスコーヒーにしても美味しい。
• エチオピア
コーヒー発祥の地、エチオピア。なかでも高級品のイルガチェフはフルーティーで香り高くファンも多い。
• タンザニア
キリマンジャロ。しっかりとしたコクと強い酸味。深煎りにしてもバランスのとれた味わい。

コーヒーの品種

種なんて知らなくてもいいと思いきや豆の名前に品種の入ったものがあったりするので少しだけ紹介。
まずは原種を大きくわけると3種類。

• アラビカ種
多くの自家焙煎珈琲店のほとんどがこの品種。生産量の約70%。この中に様々な品種がある。
• カネフォーラ種
ロブスタ種は生産量も多くサビ病にも強いが苦みが強く独特。
インスタントコーヒーや缶コーヒーに使用されるがイタリアのエスプレッソのブレンドにもパンチを出すのに使用しているらしい。
• リベリカ種
ほぼ生産されておらず。全体の1パーセント以下。
ということで店頭で販売されているコーヒー豆はほぼアラビカ種なのです。
それではその中で代表的な品種を紹介。
• ティピカ
原種に一番近い品種。サビ病に弱く生産量は少なめ。栽培にも手間がかかる。
酸味と香りの質がとても上品。ブルーマウンテンやハワイコナはこの品種。
• ブルボン
ティピカの突然変異。インド洋のレユニンオン島(旧ブルボン島)で発見される。
丸みのある小粒の豆。甘みがあり軽いテイスト。
• ゲイシャ
今話題の品種。エチオピアのゲシャ地区にて原生種として発見される。栽培は難しい。
パナマの農園が人気に火をつけて現在、大変高価な価格で取引される。フローラルな香りとフルーティーな味わい。
他にも様々な品種、現在70ほどあるといわれています。

それぞれの特徴、また同じ品種でも国や土壌によっても変わってくるので少しずつでも色々とためして楽しむのもいいかもしれないですね。

ハレの日 自家焙煎珈琲ギフト

ハレの日 自家焙煎珈琲ギフト
ここでしか買えないオリジナル
様々なギフトに喜ばれています!

Twitter   Facebook   Instagram
カートを見る

ごあいさつ

いつかは喫茶店を開業したいと思い早10年。
名古屋で珈琲の仕事に初めて携わり、その後東京に移住。移動式カフェやフレンチスタイルのカフェでバリスタなどを経験した後、2010年にコーノ式珈琲塾焙煎者養成講座に出会い、同年末にコーノ式珈琲塾コーヒーアドバイザー資格を取得。

そして、2012年9月16日(日)に、念願の実店舗をOPEN!
東京・中野区野方(のがた)でお待ちしております。

珈琲の世界はとても奥の深い世界ですが、少しでも気軽で日常的なものとして、珈琲の美味しさを広めていきたいと思っています。

ブログ

喫茶ハレの日

喫茶ハレの日

【営業時間】10:30-21:00
(日曜のみ18:00まで)

【定休日】月曜日

【住所】東京都中野区野方
  5-16-6

店舗紹介・アクセス

Top